環境アドバイザー派遣制度

ページ番号 1002413  更新日  令和3年3月29日


地域などで環境学習を開催しませんか

市では、環境基本条例第23条第2項(環境学習の推進)に基づき、市民の団体が行なう環境の保全、回復および創造に関する学習会などに環境アドバイザーを派遣します。オンライン対応が可能なアドバイザーも多数在籍しています。
「地域の中で環境問題を考えてみたい」「自然観察会のガイドがほしい」といった自治会や町内会などの団体活動にアドバイザーを活用して環境学習会を開催してみませんか。
 

対象事業

市民の団体が行なう環境に関する学習会やフィールドワークなどが対象となります。
希望する団体は、企画段階でまちづくり計画課にご相談ください。

派遣回数

当該年度において、1団体につき1回までとします。派遣時間は1回最大90分です。

申込期間

随時

講師料

市が講師料の一部または全額を支払います。

申込み方法

最初にまちづくり計画課までご相談ください。環境アドバイザーと内容や日程調整を行なった後、環境アドバイザー派遣申込書(様式第1号)をまちづくり計画課へEメール、ファクス、郵送または直接窓口への持込み、いずれかの方法で提出してください。

報告書の提出

環境アドバイザーの派遣を受けた場合は、開催後速やかに環境学習会等開催報告書(様式第2号)をまちづくり計画課へ郵送または直接提出してください。

[画像](左)林家まる子さん・カレー子さん、(右)林鷹央さん(66.9KB)

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問い合わせ


[0] 国分寺市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) Kokubunji City, All Rights Reserved.