任意高齢者肺炎球菌予防接種のご案内(国分寺市独自の制度・一部自己負担金有)(令和4年7月より助成回数制限を撤廃)

ページ番号 1023536  更新日  令和4年7月1日


任意高齢者肺炎球菌予防接種のご案内(国分寺市独自の制度・一部自己負担金有)

令和4年7月より、助成回数制限を撤廃して事業を実施します。国分寺市任意高齢者肺炎球菌予防接種事業は、国分寺市独自の制度です。

定期接種の機会を逃した65歳以上の方、または、前回の接種日から5年以上経過して再接種をご希望の方に、接種費用の一部を助成します。

この予防接種は、ご本人が接種を希望した場合に限り行います。効果と副作用などのリスクを理解したうえで、接種の判断をしてください。

新型コロナウイルスワクチンと高齢者肺炎球菌ワクチンの接種には、間隔(原則として13日以上)をあけることが必要です。接種にあたっては、医療機関にご相談ください。

実施期間

令和4年7月1日(金曜日)〜令和5年3月31日(金曜日)まで

対象者

国分寺市に住民登録があり、次の(1)(2)の条件いずれかに該当する者

(1)次の(a)(b)(c)の条件すべてを満たす者(接種が初めての方)

(a)接種時に65歳以上で、年度末(令和5年3月31日)時点で次の年齢になる者

 66歳〜69歳、71歳〜74歳、76歳〜79歳、81歳〜84歳、86歳〜89歳、91歳〜94歳、96歳〜99歳になる者、及び101歳以上の者

(b)過去に1回も肺炎球菌予防接種(23価ワクチン)を接種したことがない者(自費による接種も含みます。)

(c)23価ワクチンを接種する者(13価ワクチンは助成対象外です。)

 

(2)次の(d)(e)(f)の条件すべてを満たす者(2回目以降の接種の方)

(d)接種時に65歳以上の者

(e)過去に肺炎球菌予防接種(23価ワクチン)を接種したことがあり、前回接種日から5年以上経過している者(自費による接種も含みます。)

(f)23価ワクチンを接種する者(13価ワクチンは助成対象外です。)

お申込み方法

接種前に必ず健康推進課へお申込ください。

 (注釈)接種前にお申込みをされていない場合は、制度を利用することができませんのでご注意ください。

電話でのお申込み

 (注釈)第2庁舎の健康推進課では申込みができませんのでご注意ください。

 

市内実施指定医療機関で接種をご希望の場合

接種方法

 接種前に健康推進課(042-321-1801)へお申込ください。申込後、対象者に接種券・予診票をお送りします。予診票をご記入いただき、接種券・予診票等を持参のうえ、市内実施指定医療機関で接種をお受けください。

 (注釈)医療機関により、接種の取扱い(接種曜日、時間、予約の有無など)が異なります。

接種費用

 自己負担金:4,000円(一部公費負担後の金額です。)

 (注釈)生活保護受給世帯、中国残留邦人生活支援世帯の方が接種する場合、自己負担はありません。生活保護受給世帯の方は、生活保護受給証明書(市生活福祉課で発行)をご提出いただきます。

持ち物

 1.接種券(忘れると接種できません。接種時に医療機関が回収します。)

 2.予診票

 3.接種費用 4,000円(医療機関へお支払いください。)

 4.健康保険証または後期高齢者医療被保険者証、健康保険高齢受給者証(お持ちの方)

 5.生活保護受給証明書(該当者のみ)

接種場所

 任意高齢者肺炎球菌予防接種市内実施指定医療機関

市外の医療機関で接種をご希望の場合(要事前申請)

入院等の理由により、国分寺市内の実施指定医療機関以外で接種をご希望の場合は、国分寺市任意高齢者肺炎球菌予防接種費用助成制度の対象となる場合があります。別途書類による事前の申請が必要です。接種前に必ず健康推進課(042-321-1801)へお問い合わせください。手続きには2週間程度かかります。

 (注釈)接種前に申請をされていない場合は、制度を利用することができませんので、ご注意ください。

高齢者の肺炎球菌感染症とは

高齢者の肺炎球菌感染症についてや予防接種の効果・リスク等については、下記をご参照ください。

関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

健康部 健康推進課 健康推進係
電話番号:042-321-1801


[0] 国分寺市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) Kokubunji City, All Rights Reserved.